女性の更年期障害まとめ|症状別の原因と解消法は?すぐできる対処法

更年期 女性の更年期

更年期は心も体調もゆらぎやすい時期です

「なんとなく不快な感じ」という人から「とてもツライ」という人まで、症状別に原因と対処法を紹介します。

  1. 更年期障害の症状は多様にある
    1. 女性の更年期障害の症状「体」
    2. 女性の更年期障害の症状「心」
    3. 女性の更年期障害の症状「外見」
    4. 女性の更年期障害の症状「対人」
  2. 更年期障害の症状は複合的
    1. 女性の更年期障害を他人が悪化させる!?
  3. 女性に聞いた「更年期障害の症状がありますか?」
  4. 50代以降の日本女性の更年期障害症状
    1. 50代女性の更年期|症状や状態
      1. 頭痛やめまいなどの症状の原因と対処法
      2. 不眠やうつ・不安感など「精神的症状」の原因と対処法
      3. ホットフラッシュなど「血管運動神経症状」の原因と対処法
      4. 食欲不振や吐き気などの「消化器系症状」原因と対処法
      5. 肩こりやしびれなど「運動器官系症状」の原因と対処法
      6. 加齢臭などの体臭の原因と対処法
  5. 更年期は肌の美しさも奪う!?
  6. 女性ホルモンは自力で増やせない!
  7. 更年期女性の悩みは多い!解決方法は
    1. 1.その都度、症状によって対処する方法
    2. 2.更年期の症状全般を根本的に解決する方法
      1. 食事で更年期障害に立ち向かうには
      2. 更年期の症状全般を根本的に解決する「エクオール」
  8. 更年期障害はサプリで解決できる!?
    1. 更年期障害「漢方」と「サプリ」の違い
      1. 更年期障害の漢方薬
      2. 更年期障害のサプリ
    2. 更年期障害に効果がある成分は3つ!
    3. 更年期障害をサプリで解消した人の声
  9. 更年期女性がホルモンバランスを整えると
  10. 更年期女性にはどのサプリがいいの?
  11. 更年期女性はセルフケアで快調に!

更年期障害の症状は多様にある

更年期

女性の更年期障害は、いろいろな症状がさまざまな発症の仕方をします。

ここでは、分かりやすいように「体」「心」「外見」「対人」の4つに分けてみました。

女性の更年期障害の症状「体」

女性の更年期障害の症状のなかでは、自分で感じる「ツライ症状」で、鎮痛剤や湿布、尿漏れパット、冷却シートなどである程度対処が可能な症状です。

痛み  頭痛 ・ 肩こり ・ 腰痛 ・ 耳鳴り など
しびれ  手指のしびれ ・ 足先のしびれ ・ めまい など
頻尿  頻尿 ・ 失禁 ・ 排尿痛 など
ホットフラッシュ  のぼせ ・ 火照り ・ 息切れ ・ 動悸 ・ 寝汗 など

 

女性の更年期障害の症状「心」

女性の更年期障害の症状のなかでは、他人に理解してもらうのが難しく、自分で制御しづらいのが特徴。
放置していると悪化しやすい症状なので注意が必要です。

イライラ  イライラ ・ 怒りっぽくなる ・ ヒステリックになる など
不眠  睡眠まで時間がかかる ・ 熟睡できない ・ 朝早く起きてしまう など
うつ症状  不安感 ・ 落ち込みやすい ・ 無気力 ・ ゆううつ感 など

 

女性の更年期障害の症状「外見」

女性の更年期障害の症状のなかでは、変化が目に見えて分かりやすいので、自覚しやすい症状といえるでしょう。

肌乾燥  肌乾燥 ・ シワ ・ シミ ・ たるみ ・ 毛穴が開く など
薄毛  頭髪が薄くなる ・ ヒゲが濃くなる など
骨の変形  手指の関節にコブができる ・ 関節から音が鳴る ・ 指先が変形する など

 

女性の更年期障害の症状「対人」

女性の更年期障害の症状のなかでは、自分で気付きにくいのが特徴です。
対人関係に影響しやすい症状なので、その都度の対処が必要となるでしょう。

疲れやすい  疲れやすい ・ 疲れが抜けない ・ 常に眠い など
体臭  デリケートゾーンのニオイ ・ 口臭 ・ 加齢臭 など
味覚異常  味覚が変わった ・ 触った感覚が変わった ・ 聞き取りづらくなった など

 

更年期障害の症状は複合的

更年期

一般的に45~55歳の時期を「更年期」とよび、この時期の女性の体内では女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少するので、心身のバランスを崩して更年期障害の症状がでます。

 

さらに個人差はありますが、更年期障害の症状は単独で発症することは少なく、複合的に出ることが多々あるのもポイントです。

■ 疲れが抜けずイライラしやすくなった

■ 頭痛がひんぱんに起こり、眠れないことが多い

■ ダルいのに眠れず不安感もある

■ 焦燥感にかられるとドキドキと動悸が激しくなる

女性の更年期症状は、体の不調と心の混乱がセットになって発症する場合が多いようです。

もちろん「頭痛の症状だけ」という人もいますが、この症状が続くと「いつ解消するんだろう?」「このまま慢性的になっていくのかな」と不安感が生まれています。

その結果「頭痛と不安感」というように、更年期障害症状が複合的な症状へと悪化してしまうことがあるでしょう。

 

また、冷え性なのにホットフラッシュで体が熱くなる「冷えのぼせ」や、疲れが抜けず入浴が面倒になり不潔な生活になってしまうこともあります。

 

女性の更年期障害を他人が悪化させる!?

さらに、他人の言葉が更年期の人を苦しめることもあるのです。

更年期障害に理解が無い他人は、症状で苦しんでいる様子を見て「さぼっている」「だらしない」などの印象を持ち、口に出すこと人もいますよね。

自律神経のバランスが乱れている更年期の人は、その言葉を聞き、落ち込んだり不安感が増したりと「うつ状態」に陥ってしまうことがあります。

そして、今までより更年期障害の症状が重くなってしまうのです。

 

女性に聞いた「更年期障害の症状がありますか?」

更年期

女性ホルモンが減って自律神経が乱れる「更年期」に入った女性は、今まで経験したことが無い厄介な問題を抱えます。

更年期

30代後半~60代までの女性1,300名を対象とした調査では、58.6%の人が「更年期障害の症状がある」と答えました。

 

更年期

さらに50~60代を調査したところ、78.7%の人が「更年期障害の症状がある」と答え、約8割の人がなんらかの問題を抱えていることが分かっています。

とくに50代以降の更年期障害の症状は日常生活に支障があるケースも見られ、病院通いをしている人もいるようです。

 

また「季節によって更年期障害症状は変わる?」という調査では「季節の影響はない」という答えが多く、52.4%の人が「通年に渡って更年期障害を感じる」という結果になりました。

そして、28.6%の人が「季節の変わり目に症状がひどくなる」と答えていますが、これはほかの病気の可能性もあるので注意が必要です。

更年期障害の症状とほかの病気の症状は素人では見分けが難しいので、自分の症状の原因が分からない場合は専門医に相談したほうがいいでしょう。

 

50代以降の日本女性の更年期障害症状

更年期

では、更年期障害の症状はどのようなものが多いのでしょうか。

50代以降の日本人女性をターゲットにしたアンケートはこのようになりました。

1位 疲れやすい・抜けない 71.9%
2位 肩こり・腰痛 62.8%
3位 頭痛 61.4%
4位 イライラ 60.1%
5位 不眠  58.4%
6位 ホットフラッシュ 56.6%
7位 不安・ゆううつ感 48.1%
8位  汗をかく 41.7%
9位 動悸  29.3%
10位 めまい 19.6%

※ 複数回答アリ

「疲れやすい・疲れが抜けない」と答えた人は7割以上、続いて「肩こり・腰痛」が6割以上、そして「頭痛」となっています。

50代女性の更年期|症状や状態

女性の更年期障害の一般的な症状は上記のアンケート結果にあるように、「疲れやすい・疲れが抜けない」「肩こり・腰痛」「頭痛」などがあげられます。

以下で、女性の更年期障害の症状別にその原因と対処法をまとめました。

それぞれ原因と対処法、また、解消法も異なりますので見てみましょう。

 

頭痛やめまいなどの症状の原因と対処法

 悪化すると怖い症状 

更年期

 片頭痛
 緊張型頭痛
めまい・耳鳴り

 

不眠やうつ・不安感など「精神的症状」の原因と対処法

 他人に理解してもらうのが難しい精神的な症状 

更年期

不眠・眠りが浅い
不安感
イライラ
 うつ

 

ホットフラッシュなど「血管運動神経症状」の原因と対処法

 予期できず急に出てくる血管運動神経の症状 

更年期

ホットフラッシュ(のぼせ・火照り)
 動悸・息切れ
発汗・寝汗
 むくみ

 

食欲不振や吐き気などの「消化器系症状」原因と対処法

 栄養失調や免疫低下などのリスクがある消化器系の症状 

更年期

吐き気
下痢・便秘
胃もたれ・胸やけ
食欲不振

 

肩こりやしびれなど「運動器官系症状」の原因と対処法

 日常生活にも支障が出る運動器官系の症状 

更年期

肩こり・腰痛
関節痛・背中の痛み
しびれ
手指の痛み
 尿失禁

 

加齢臭などの体臭の原因と対処法

 他人に気付かれたくないニオイ 

加齢臭

体臭
加齢臭
デリケートゾーンのニオイ

 

更年期は肌の美しさも奪う!?

更年期

女性ホルモンは肌を美しく保つ役割を持っています。

そのため女性ホルモンが減少すると、肌がゴワゴワした感触となり、カサカサと乾燥し、だらんと下がった肌になっていくでしょう。

これらの肌悩みは「もう年だから……」と諦めてしまう人もいれば、「若々しくいたい」と奮起する「美魔女」とよばれる人たちもいますよね。

そうです!
年齢に合わせたケアをすれば、肌の美しさは保てるのです。

厚くなった角質を除去して、美容成分を補充し、たるんだ肌を引き締めてあげれば、周りにいる同年代の人たちより輝くことができます。

手間がかかりそう……

そのためにあるのが、50代女性を若々しくするアイテムです。

まずは、オールインワンジェルでのスキンケア。

エイジングケア用に選び抜かれたものを配合しているオールインワンは、手軽で簡単に使えるのに、しっかり50代女性の肌を若々しく見せてくれます。

高価な美容液をいろいろ買うより、年齢に合わせたオールインワンはコスパもいいし、たるみやシミを早く解消できるでしょう。

 

加えて、もっとスピーディーに美魔女を目指すなら「美顔器」が効果的です。

美顔器はワンランク上の肌ケアができるので、たるみやハリ不足になった肌を引き締めながら、乾燥した肌を潤し、シミが濃くなった肌を美白へと導くことができます。

実際、「エステに行くよりリーズナブル」「家で肌ケアできるから時間調整がラク」「体調に合わせてケアできる」と、50代の美顔器所持率は増えています。

 

 

女性ホルモンは自力で増やせない!

でも、減少する女性ホルモンを自力で増やすことはできないの?

それは不可能です
なぜなら、女性ホルモンの減少は卵巣の老化が原因だから

だからこそ、ホルモンバランスを整えるには、外からホルモンに似た成分を補充してあげる方法が最適なのです。

更年期障害の症状が重い人や頻繁に発症する人、また症状が複合的に出る人は、根本的な原因に向き合う必要があります。

更年期の症状全般を根本的に解決する方法は、食事やサプリ、薬で女性ホルモンと同じ作用をする成分を摂取することです。

 

更年期女性の悩みは多い!解決方法は

更年期

「45~55歳が最もツライ!」といわれる更年期を乗り切る方法は、大きく分けると2つあります。

1.その都度、症状によって対処する方法

2.更年期の症状全般を根本的に解決する方法

 

1.その都度、症状によって対処する方法

更年期障害の症状が比較的軽い人や10日間に1回程度など間隔が長い人は、その都度、対処をすれば更年期を乗り切れるかもしれません。

■ イライラするときは、人と離れて自分を落ち着かす。

■ 頭痛やめまいを感じるときは、鎮痛剤を飲んだり横になって安静にする。

■ トイレが近い(頻尿)・下痢のときは、尿漏れパットを利用したりトイレのそばに居る。

■ 更年期の初期症状に多いホットフラッシュや発汗が気になるときは、涼しい場所に移動して冷却シートなどで顔を冷やす。

など、症状に合わせて対応しましょう。

 

2.更年期の症状全般を根本的に解決する方法

更年期の症状全般を根本的に解決するには、エストロゲンと同じような成分を摂取する方法が有効的です。

食事で更年期障害に立ち向かうには

更年期

昔から更年期障害の女性にすすめられているのは「大豆製品」ですよね。

大豆に含まれる「大豆イソフラボン」には、女性ホルモンに似た成分の材料が含まれているので、不足した女性ホルモンを補ってくれます。

納豆や豆腐、豆乳など、大豆製品を多く食事に摂り入れている日本人女性は、欧米人女性より更年期障害の発症が少ない・軽いといわれているほどです。

私、毎日納豆を食べているのに更年期障害が重いんです

そういう人は、大豆イソフラボンを女性ホルモン様成分に変換できていないのかもしれません

 

更年期の症状全般を根本的に解決する「エクオール」

エストロゲンと同じような成分の代表は「エクオール」という成分です。

エクオールは女性の更年期症状の改善がもっとも期待できるといわれており、その他にも骨粗しょう症予防効果、女性のメタボ改善作用などさまざまな研究発表が報告されています。

そのエクオールは「大豆イソフラボン」が腸内細菌のよって変換された成分ですが、日本人女性は大豆イソフラボンをエクオールに変換させる力を約40%以下の人しか持っていないといわれています。

つまり、3人に1人の人しか体内でエクオールをつくれないのです。

エクオールをもっと詳しく! ⇒

 

では、どうすればいいの?

でしたら、ダイレクトにエクオールを摂取すればOKです。

その方法を紹介しましょう!

 

更年期障害はサプリで解決できる!?

更年期障害の症状が重い人は病院で治療を受けていると思いますが、更年期障害専門医でも治療に使用しているのはホルモン注射ですよね。

医師でない私たちが直ぐにできる「更年期障害の緩和・解消法」は、サプリでホルモンに似た成分を補充してあげてホルモンバランスを整えることです。

サプリって効き目あるの?

すっごく効果あります!

サプリは薬ではないので即効性はありませんが、薬と違って副作用を訴える人は少なく、継続できるから快調になる人が多いのです。

 

更年期障害「漢方」と「サプリ」の違い

更年期障害の漢方薬

漢方薬は病態やその人の体質に合わせる必要や、同じ病気でも発症してからの経過日数や症状によって用いられる漢方薬が異なることから、その人の状態や症状の原因をある程度絞る必要があります。

そのため「全然効かない」人もいれば、「2,3日後にはピタッと治まった」という人がいるのです。

また、副作用の心配があるため、医師や生薬認定薬剤師に相談してから摂取する必要があります。

 

更年期障害のサプリ

更年期に用いられるサプリは、症状が出る原因「女性ホルモンの分泌低下」を根本から改善するために、女性ホルモンに似た成分を補充して女性ホルモンがある状態をつくり出して症状を緩和・改善します。

そのため、漢方のように症状の原因を絞る必要が無く、更年期に発症する複合的な痛み・ツラさ・苦しさ全般を軽くして解消してくれるのです。

 

漢方とサプリの違いをもっと詳しく ⇒

女性更年期の漢方とサプリの比較|症状に対処するための選び方
更年期障害を解消・改善・予防したい人は、漢方薬やサプリを利用したいと思うでしょう。しかし、それぞれのメリット・デメリットやどうやって選べばいいのか?など、不安もあります。ここでは、更年期の漢方薬とサプリを比較しています。

 

更年期障害に効果がある成分は3つ!

1.エクオール 2.デセン酸 3.プラセンタ
更年期 更年期 更年期
女性ホルモンに1番似た働きを発揮する成分
医師がすすめる成分で人気NO.1
女性ホルモンに似た働きをする
加齢に伴う女性の悩みにも寄り添える
本来あるべき状態に戻そうとする力「復調作用」がある
医師による更年期治療で用いられる
大豆イソフラボンから生成する ローヤルゼリーに含まれる 胎盤から抽出した成分
更年期症状が重い
頭痛やめまい・痛みを抱えている
ホットフラッシュや動悸がひどい
イライラや不安、うつ状態がある
吐き気や胃もたれ、食欲不振の人
冷え症や慢性的な疲労を抱えている
むくみや血行不良などが起こりやすい
発汗や寝汗など体温調整に関わる症状
肌荒れや吹き出物など肌悩みが激しい人

 

更年期障害をサプリで解消した人の声

コンママさん 50代

飲み始めたばかりですが、いつものイライラが軽減された感じがします。
疲れにくくなって外出も楽しめています。

りりさん 40代

飲み始めてからイライラすることが少なくなり、美容面も落ち着きました!
これからも飲み続けようと思います。

 

まささん 50代

飲み始めてからわりとすぐに色々な不調が落ち着いてきたような気がします。
指の痛みも治まり、毎日楽に過ごせて、メンタル的にもとても良いです。

「その場限り良くなればいい」と、鎮痛剤などを使って痛みや不快感を取り除くこともできますが、更年期障害の症状はいろいろな出かたをします。

その度に、薬を用いていては大変だし、体に負担もかかるでしょう。

その点、サプリの位置付けは食品なので、飲み続けると女性ホルモンが分泌している状態」を安全に維持することができ、更年期障害による不調をはねのけることができるのです。

更年期障害の症状が重い人「エクオール」 ⇒

更年期障害と大豆アレルギーがある人「ローヤルゼリー」 ⇒

更年期障害と美容ケアをしたい人「プラセンタ」 ⇒

 

更年期女性がホルモンバランスを整えると

更年期

更年期障害を抱えている人がサプリで女性ホルモンと似た成分を補充すると、女性ホルモンの役割である「女性らしさ」を取り戻す手伝いもしてくれるので、健康寿命を延ばして美容効果もグンとアップします。

■ 血管や骨、関節、脳などを健康に保つ

■ コラーゲンの生成を促すので、弾力をつくり出してプルプル肌になる

■ 自律神経の働きを安定させるから、イライラや不安が和らぐ

■ 体温や脂肪の燃焼効果を上げ、痩せやすい体をつくる

症状の放置は病気のリスクを引き上げます。

「もう50代だから、今さら……」と思っている人も、健康寿命を延ばすためにサプリでホルモンバランスを整えましょう!

 

更年期女性にはどのサプリがいいの?

ハッキリ言って、私は更年期障害を抱えている女性に「エクオール」のサプリをすすめます。

その理由は、エクオールが1番女性ホルモンに似た作用をするからです。

 

エクオールは、更年期女性に効き目があるといわれていきた「大豆イソフラボン」をさらに進化させた成分なので、女性ホルモン減少による不調はこれで解決!といってもいいでしょう。

しかし、大豆イソフラボンを進化させたものなので、大豆アレルギーを抱えている人は摂取出来ません。

そのため、ローヤルゼリープラセンタのサプリでも女性ホルモンを整えられる商品ができています。

 

 

また、更年期の症状によってはローヤルゼリーやプラセンタのサプリの方が合っている場合もあります。

自分の体に合った更年期解消法を見つけましょう。

 

更年期女性はセルフケアで快調に!

更年期

更年期の症状はいろいろな種類があり、「なんとなくダルイ」といった些細な違和感から「慢性的な頭痛」や「吐き気が止まらない」など、重さ・辛さも人それぞれですよね。

例えば「5日間に一度、10分間ほど頭が痛くなる」この程度なら、我慢してしまう人が多いかもしれません。

しかし「毎日、朝と夕方に頭痛と耳鳴りがして、家事ができない」となると話は別です。

このようなケースは専門に相談しながら、自分に合った解決策を見つけていくのが賢明でしょう。

 

そして、自分で出来る解決法にはサプリを活用したり、運動や入浴で体のバランスを整えたり、アロマでリラックスするなどの方法もあります。

自分に合った解決法を見つけて継続すれば「更年期障害って何?」という気分で過ごせるはずです!

タイトルとURLをコピーしました