女性も50代になると臭くなる!5つの理由と消臭アイテムを紹介

ニオイ 女性の更年期

50代の女性が臭くなる理由は5つ!

ニオイ

■ 女性ホルモンの低下

■ 加齢臭

■ ラクトンの減少

■ 更年期障害 

■ 自浄作用の低下

女性ホルモンの低下

ニオイ

女性ホルモン(とくにエストロゲン)には「体臭を抑える」という役割があります。

しかし、50代になると子宮の老化により女性ホルモンの分泌が減少して、体臭を抑える作用が弱まってしまうのでニオイを発しやすくするのです。

 

ホルモンバランスが安定している状態だと汗や皮脂を上手くコントロールできますが、生理前や生理中になるとホルモンバランスが崩れて、体臭を強く感じた経験があるでしょう。

これは、「プロゲステロン」の働きが活発になったためで、受精卵を着床しやすくするために体温を上げる作用が働き、汗や皮脂が増加することで雑菌も増えやすい肌環境に傾いたからです。

 

更年期になると常に生理中のようなホルモンバランスが崩れた状態となり、体臭を抑える効果が弱まるので、発生した体臭がそのまま放出されてしまいます。

 

加齢臭

ニオイ

「加齢臭」とは、文字通り「加齢により発生するニオイ」です。

早い人は30代で気になりだし、だんだんとニオイは強くなっていくので、女性でも50代になるとほとんどの人が加齢臭を感じているでしょう。

女性でも加齢臭はするの?

加齢臭も女性ホルモンの低下と関係があります。

女性ホルモンが低下すると体内で男性ホルモンが優位になり出して、汗をかきやすく皮脂が出やすい体になり、皮脂に含まれる「パルミチン酸」と、中性脂肪やコレステロールなどの脂質成分が活性酸素によって酸化された「過酸化脂質」が増えてくるのです。

そこに、常在菌が加わることで「ノネナール」という皮膚ガスが発生して加齢臭となります。

女性の加齢臭ってどんなニオイ?

加齢臭は男性も女性も同じニオイがします。

良く例えられるのが「古本や枯れ草のようなニオイ」ですが、「油臭くて青臭い」とも表現されますね。

女性の加齢臭はどこかが臭うの?

加齢臭が発生しやすい場所は、皮脂が多く分泌されるところです。

頭皮 / 耳の後ろ / 首の後ろ / 背中 / ワキ / 胸

などが代表的でしょう。

 

ラクトンの減少

ニオイ

「異性を引きつける香り」「SWEET臭」とよばれる、若い女性特有のフルーティーな香りを「ラクトン」といいます。

このラクトンは10代後半をピークにして減っていき、30代になるとラクトンの香りを漂わせている女性はごくわずかとなり、さらに40、50代になると「ラクトンってなに?」というくらい存在を感じられません。

ラクトンってどんなニオイ?

ピーチの様なフルーティーな香り、ココナッツの様な甘い香り、桜のような優しい香りといわれています。

更年期女性がラクトンの香りを付けると?

ある薬品メーカーが「更年期女性がラクトンの香りを付けると印象が変わるか?」を調査しました。

ラクトンを付けた更年期女性に会った人は、「女性らしく優しく見える」「いつもより若々しく見える」「魅力的に見える」と回答したそうです。

ラクトンの量は自分で増やせる?

ラクトンは、大腸内に存在するビフィズス菌の数が多いほど放出量が増えるという研究結果が出ています。

しかし、加齢によって体は酸化しやすくなるためラクトンも酸化に負けてしまい、ビフィズス菌の数が多くてもラクトンの量を増やすことはできません。

 

更年期障害

ニオイ

更年期障害の症状はたくさんありますが、ニオイに関係するのは「ホットフラッシュ」と「イライラ」です。

 

ホットフラッシュとは、ほてり・のぼせ・発汗がセットになったもので、顔や胸の熱感が2~15分間持続し、発汗を伴う症状です。

この熱感と発汗がニオイを生み出す元となり、加齢臭のようにニオイがきつく出ます。

 

イライラは主に精神状態が不安定な状態で、ストレスを感じやすくなっている状態です。

人はストレスを感じると、特有の硫黄化合物系のニオイである「ストレス臭」という皮膚ガスが発生します。

ストレス臭はどんなニオイ?

この硫黄化合物系のニオイは、ネギやニラのようなニオイという人もいれば、腐った卵、腐った玉葱など、不快なニオイを連想する人もいます。

腐敗臭に代表されるニオイは本能的感覚で危険を感じさせるので、「ストレス臭」が漂っていると人間関係に影響を与えるリスクが高くなってしまうでしょう。

 

自浄作用の低下

ニオイ

ここでいう「自浄作用の低下」とは、おもに膣の自浄作用を指し、デリケートゾーンのニオイに影響を与えるものです。

 

健康な膣には6種類の常在菌が活動しており、その中でも「乳酸桿菌(デーデルライン桿菌 )」は、膣をpH4.0前後の酸性に保ちながら病原細菌の増殖を防ぐ役割を果たしています。

これを膣の自浄作用といい、病気を寄せ付けずニオイを発生させないようにデリケートゾーンを守っているのです。

 

ところが、更年期に入り女性ホルモンのエストロゲン量が低下すると、乳酸桿菌が減少して膣のpHが上昇するため、自浄作用が弱くなっていきます。

そのため、病原細菌が繁殖しやすい環境となってしまい、強烈なニオイをデリケートゾーンから放出することがあるのです。

更年期女性のデリケートゾーンのニオイは?

自浄作用が衰えた膣から分泌されたおりものと雑菌が混じると、生臭い・磯臭い・チーズ臭いなどの不快なニオイが放出されます。

 

デリケートゾーンのニオイ

 

50代女性の消臭アイテムを紹介

「ANOCOI(アノコイ)」

50代女性に必要な総合的ニオイケアができる!

「ANOCOI(アノコイ)」の特徴

パック式の洗浄剤だから泡立てる必要ナシ! こすり洗いナシ!

ケア中も癒される 生クリームバニラの香り

「ANOCOI(アノコイ)」をおすすめしたい人

「強烈な体臭対策」 + 「雑菌繁殖による感染症予防」をしたい人

ニオイケア成分は「柿タンニン」「茶葉エキス」「ミョウバン」と、消臭3大成分だから、しっかりデオドラントケアができる!

かゆみケア成分や保湿系分も配合され、デリケートゾーンだけでなく、ワキや足、耳の裏など体中のニオイ・保湿ケアが簡単に終了!

  アノコイ 練り石鹸 液体ソープ
洗浄力
保湿力 ×
特徴 高い洗浄力と優れた保湿性
洗浄成分を残さず美容成分を多く含む
高い洗浄力
脱脂力が強く乾燥しやすい
優れた保湿力
肌に洗浄成分が残留しやすくニオイの元になる

ボディソープや固形石鹸と違って泡立てる必要が無く、気になる箇所に馴染ませて数分後に洗い流すだけで洗浄が終了します。

デリケートゾーンをはじめ、ワキや耳の裏など、ごしごし洗って傷つける心配もありません。

洗浄後は心地よいバニラの香りがプラスされるので、加齢臭などに悩まされない日々がおくれます。

通常価格 6,980円
定期コース 初回限定
2回目以降
980円
3,980円
内容量 100g / 約1ヶ月分

※ 定期は3回の縛りがありますが、3回受け取っても合計金額 8,940円。
毎日使っても 30日×3ヶ月=90日 / 1日99円

 

「デオシーク ボディソープ」

デオシーク ボディソープ

50代女性の気になるニオイを撃退!
友達との食事や親せきの集まり、電車やバスでもニオイを気にせずに過ごせます。

「デオシーク ボディソープ」の特徴

厚生労働省認可を取得!

業界初の独自成分「デオサラサ」を配合!

厚生労働省が認可した有効成分入りでワキガの人も使ってる!

「デオシーク ボディソープ」をおすすめしたい人

「強烈な体臭対策」 + 「無臭を目指す人」

デオシーク

抑臭効果は「銅クロロフィリンナトリウム」と「ヨモギエキス」で万全に、加えて、確実な殺菌・抗菌効果でワキガの強烈なニオイも24時間徹底ガード!

単品価格 4,980円
定期コース 2,480円
3本セット 9,800円
内容量 300ml 1回3プッシュで約1ヶ月分

実は「デオシーク」は定期の縛りナシ。
使ってみて効果が感じられなければ解約でOK!

でも、満足度が92.6%と高く、継続する人が多いんです。

自分のニオイがすごく気になる人は注目!

デオシークシリーズはソープとクリームがある!

デオシークのボディソープには殺菌効果と肌を洗浄して、体臭・汚臭やニキビを防ぐ働きがあります。

デオシークのクリームには制汗作用と殺菌効果によりわきが(腋臭)や皮膚汗臭を抑える効果があるので、他人に気付かれるレベルの体臭ならセットでニオイケアをした方が効果的です。

 

「アノコイ」と「デオシーク」どちらがいいの?

ニオイ

私の周りでは「アノコイ」でニオイケアをしている人が多いのですが、ワキガの人やニオイが強い人は「デオシーク」がおすすめです。

アノコイ デオシーク
加齢臭やデリケートゾーンの消臭をしたい人 強烈なニオイを消したい人
ほんのりバニラの香り 無臭

「アノコイ」は、日中もほんのりバニラの香りが全身から漂うので、香水NGな接客業をしている人から人気があります。

優しい香りなので好感が持てますね。

「デオシーク」は、本当にニオイで悩んでいる人から支持があり、夏だけでなく厚着をする冬でも愛用している人もいます。

 

女性ホルモンがある状態をつくる

ニオイ

 

更年期女性のニオイが強くなる主な原因は、女性ホルモンの減少です。

女性ホルモン自体を自分の体内で増やすことはできないので、女性ホルモンに似た作用を持つエクオールやプラセンタなどのサプリで、ニオイを薄くして自浄作用を取り戻すことが有効ですね。

 

50代女性は、今まで経験したことがない体臭を放出します。

意識的に清潔を保ちながらニオイケアをしていくことが大切となるのです。

タイトルとURLをコピーしました