50代女性の更年期障害|不眠やうつ・不安感などの原因と対処法!

更年期 女性の更年期

女性の更年期に多い精神的症状

更年期

👉 不眠・眠りが浅い

👉 不安感

👉 イライラ

👉 うつ

 

更年期の女性に多い「不眠・眠りが浅い」

更年期

睡眠に関係する症状は4つに分類することができます。

1. 入眠障害 
眠りに入るまで時間がかかる / 寝つきが悪い

2. 中途覚醒 
眠りについても、途中に何度も目が覚める

3. 早朝覚醒 
いつもの起床時間より2時間以上早く目が覚める / もう一度、眠ることが出来ない

4. 熟眠障害 
睡眠時間的には充分なのに、寝足りない感じがする / 熟睡できない

更年期の女性にみえる「不眠・眠りが浅い」の原因

更年期の不眠・眠りが浅いなどの原因は、火照りや発汗といった血管運動神経症状が夜間に起こり、睡眠が妨げられることが考えられます。

ほかにも、不安や抑うつなどの精神症状に伴って不眠症状が出ることがあり、加齢自体が不眠の原因になることもあるでしょう。

更年期女性の「不眠・眠りが浅い」への対処法

更年期

□ 睡眠アイテムの見直し

□ 日中は体を動かしておく

□ 無理に眠ろうとせずに、体を横にして30分間でも目を閉じる

不眠にはいくつか種類があり、原因によって対策もさまざまです。

加齢に伴い体内時計機構が狂いやすくなり、睡眠リズムが乱れやすくなるため、規則正しい生活を送ることが理想ですが、寝付きにくいときには就寝時間にこだわるのを止めましょう。

午前中に太陽の光を浴びて、就寝前のアルコールやカフェインの摂取、タバコなどの刺激物を避け、リラックスしながら過ごすことを心がけてください。

 

更年期の女性に多い「不安感」

更年期

 ■ 理由も無く心がザワザワする

 ■ 将来が不安になる

 ■ 孤独や不安を感じる

 ■ このままでいいのか?と落ち込む

更年期の女性にみえる「不安感」の原因

更年期の不安感の原因は、精神活動などを司る自律神経のコントロールセンターが、女性ホルモンの影響で不安定になるためです。

また、子どもの自立による母親卒業や体力の衰え、定年による経済状態の変化など、この時期独自の女性の心理特性や環境的な要因も大きいかもしれません。

喪失感や自信の欠如、虚しさなどが不安感を増長させるのでしょう。

更年期女性の「不安感」への対処法

更年期

□ ストレスになることを避ける/ストレスを解消する

□ ゆったりリラックスできる曲を流す/好きな香りを楽しむ

□ 自分だけの時間を作る

ウォーキングやヨガなどの有酸素運動や、アロマセラピーなどによる心のリラクゼーションが有効です。

それと同時に、女性ホルモンを補うようなサプリメントを摂り入れてみましょう。

 

更年期の女性に多い「イライラ」

更年期

 ■ 急にイラっとすることが増えた

 ■ 突然、焦る気持ちが沸き起こる

 ■ 前は気にならなかった出来事に腹が立つ

 ■ 気が付くと顔がこわばっている

更年期の女性にみえる「イライラ」の原因

更年期のイライラの原因は、女性ホルモンの減少により幸せホルモンとよばれるセロトニンの生成が不足するためです。

感情のコントロールが上手くできないためイライラ感が増し、そのことに対しても不満がつのるという悪循環が起こります。

更年期女性の「イライラ」への対処法

更年期

□ 日中に日を浴びながらウォーキングをする

□ 感情に流されないようイメージトレーニングをする

□ ストレス解消をする

セロトニンの分泌を促すため朝日を浴びたり、アロマテラピーでリラックスするのがおすすめです。

また、気持ちを安定させるカルシウムや、ストレスにより消費されてしまうビタミンC、ホルモンを安定させるサプリメントの摂取を習慣付けましょう。

 

更年期の女性に多い「うつ症状」

更年期

 ■物事に対して興味を持てない/楽しめない

 ■気分が落ち込む/絶望的な気持ちになる

 ■常に疲れている/気力が沸かない

 ■家族や自分に対して「申し訳ない」と感じる

 ■動きや話し方が遅くなる

 ■せっかちになる/ソワソワして落ち着かない

 ■1つの作業に集中できない

更年期の女性にみえる「うつ症状」の原因

女性ホルモンの減少は、視床下部・下垂体の機能に変調を起こし、自律神経症状をはじめ内分泌系や免疫系の失調症状、精神神経症状などを引き起こしやすくなります。

心の健康不安を抱え、社会的にも孤立しやすい更年期は、ちょっとしたことで自己評価が低下し、抑うつ気分や病的不安が引き起こされやすくなることも原因の1つです。

更年期女性の「うつ症状」への対処法

更年期

□ 症状が重いときは専門医に相談する

□ 日を浴びながら有酸素運動をする

□ 手軽にできるアロマなどのストレス解消法を探す

運動が好きな人は、ウォーキングや水泳、ヨガなどの中程度の有酸素運動から始めてください。

アロマテラピーによる心のリラクゼーションやサプリメントも有効ですが、日常生活の中でひどく気が重くなったり、沈み込んだりする場合は更年期に詳しい医師へ相談してみましょう。

 

女性の更年期に多い「精神的」症状の改善法は

サプリメント・漢方で女性の更年期をケア

サプリメントや漢方にはいろいろな種類がありますが、更年期の障害「精神的」には、エクオール成分のサプリメントとローヤルゼリーが有効です。

エクオールとは

更年期

エクオールとは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンとよく似た働きをする成分です。

更年期には大豆イソフラボンがいいことはよく知られていますが、「豆乳や納豆を食べても更年期障害が改善しない」と感じている人もいるでしょう。

実は、女性ホルモンと同じ成分を体内でつくり出すには、大豆イソフラボンを腸内細菌によってエクオールに変化させないと意味が無いのです。

2人に1人しか体内でエクオールを作れない

日本人では2人に1人しか体内でエクオールを作れないといわれています。

その理由は、エクオールを生み出す腸内細菌を持っている人・いない人の差です。

更年期障害の精神的な症状は早く改善したい症状なので、女性の更年期障害改善にダイレクトに届くエクオール成分のサプリメントが有効なのです。

エクオールに期待できる効果

エクオールは、女性の更年期障害の改善に大きな力を発揮します。

更年期障害症状の改善
血管機能の改善 抗酸化作用
骨粗鬆症予防 メタボ予防
皮膚老化の予防 脂質代謝の改善

とくに、更年期障害の症状である「精神的」症状に有効なのは、「更年期障害症状の改善」効果です。

 

ローヤルゼリーとは

更年期

ローヤルゼリーは蜜蜂が作る高級食材です。

ハチミツとは違い、9種類の必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸などの栄養素、さらにローヤルゼリーだけの特有成分であるヒドロキシデセン酸などを含んでいるので、まさに栄養の宝庫といえるでしょう。

ローヤルゼリーに期待できる効果

女性の更年期症状の軽減 加齢に伴う筋力低下の予防
精神不安状態の緩和 高血圧やコレステロールの上昇を抑える

ローヤルゼリーが精神安定効果を発揮できる理由は、葉酸やビタミンB12、アセチルコリンが含まれているためです。

葉酸やビタミンB12には、幸せホルモンとよばれる「セロトニン」の生成を助ける効果があり、精神を安定させてくれる働きがあります。

そしてアセチルコリンには、心身をリラックスさせてくれる副交感神経の働きをよくする効果があり、交感神経とのバランスを正常に戻します。

 

女性ホルモンの低下による自律神経の乱れは、ストレスの影響を受けやすくして、不眠やイライラ、うつ状態のリスクを高めます。

エクオールやローヤルゼリーのサプリメントを習慣付けることで、更年期の精神的症状を和らげることができるでしょう。

 

有酸素運動で女性の更年期をケア

有酸素運動は、ストレス解消はもちろん自律神経を整えるのにも有効です。

ウォーキング 水泳
ヨガ ストレッチ
サイクリング ダンス

これらの有酸素運動をすると、血液が体の末端まで流れるようになり、酸素や栄養が体の隅々まで行き届きやすくなります。

血行が良くなって体中に栄養が行き渡るということは、副交感神経の働きを保ちながら疲労回復効果が上がるということなので、更年期の精神的症状を和らげるのに効果的ということです。

無理をしない程度に体を動かしてみましょう。

 

入浴で女性の更年期をケア

更年期

入浴の最大の魅力は「リラックス効果」です。

エストロゲンの低下は自律神経中枢のある視床下部に影響を及ぼすので、自律神経が乱れて更年期の障害を発症させます。

自律神経が乱れると、体にあらわれる痛みや変形などの不調はもちろん、心にもダメージを与えるので更年期障害は厄介なのです。

心が弱ってくると今までスルー出来た問題を深刻に受け止めることが多くなります。

するとストレスが増大し、不眠やうつ・不安感も大きくなっていくでしょう。

心の問題は放置してもいいことはありません。

むしろ、悪化してしまう可能性もあるのです。

定期的に入浴してリラックス作用を味わい、血行促進や精神安定の効果を感じて、精神神経症状を改善するのに役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました