腸内フローラ検査キット「腸内博士」でエクオール検査をしよう!

更年期 女性の更年期

腸内フローラ検査キット「腸内博士」で分かること

更年期

「腸内博士」は、30~50代女性の美容や更年期障害等のお悩みに直結する4つの項目について、A~Eの5段階で評価します。

 1.「女性ホルモン」

 2.「痩せホルモン」

 3.「幸せホルモン」

 4.「腸内環境」

1 . 女性ホルモン

更年期

 解析菌  エクオール生産菌
 分かること  エクオールをつくれる人?つくれない人?

エクオールには女性ホルモン類似作用(肌のしわ予防・改善、更年期障害の予防・改善)を期待することができるため、きちんとつくれることが重要です。

簡単にいうと、女性の更年期障害の予防・改善、しわ対策などの美容効果には腸内の「エクオール産生菌」がかかわっているということです。

エクオールを自分の体内でつくれる人であれば、大豆食品を充分な量、食べることで更年期障害の予防・改善、しわ対策などの美容効果が期待できますが、日本人では30~50%しかエクオールをつくれないといわれています。

つまり、エクオールをつくれない人が毎日納豆を食べても、更年期障害の改善は期待できないということですね。

 

「腸内博士」では、自分の体内でエクオールをつくれる人?つくれない人?が分かるので、自分に合った更年期障害の予防・改善方法が選べるようになります。

 

エクオールとは ⇒

更年期女性の50%が大豆を食べても意味が無い!?効果があるのは
日本人女性の約50%が、大豆食品を食べても女性ホルモン様成分に変換できないことが分かっています。それならば、そのまま女性ホルモン様成分になるエクオールを摂取して、更年期障害を緩和・解消しましょう。

 

2 . 痩せホルモン

更年期

 解析菌  アッカーマンシア
 分かること  痩せやすい?最適なダイエット方法は?

ダイエットに直結する「痩せ菌」こと「アッカーマンシア・ムシニフィラ(Akkermansiamuciniphil)」は腸内細菌の一種で、肥満の人の腸内にはこの菌が少なく、痩せた人の腸内には多いというデータがあります。

その理由は「アッカーマンシア」が腸内に存在しない場合は、インスリンが働きづらくなるため、血糖値が下がりにくくなり肥満の原因になるといわれているからです。

 

このアッカーマンシアの検査で「自分は痩せ菌を持っているのか?」「自分に最適なダイエット方法は何か?」などを知ることができます。

痩せ菌を持っていない場合は、腸内環境を整えることで痩せにくい体質から脱却することもあるので、自分の腸内環境を把握しておきましょう。

 

3 . 幸せホルモン

更年期

 解析菌  クロストリジウム
 分かること  幸せホルモンの分泌割合はどのくらい?

幸せホルモンとして有名なセロトニンの分泌には腸内の「クロストリジウム」がかかわっています。

リラックス状態や安心感、幸福感などをもたらすセロトニンが不足すると、精神のバランスが崩れ、不安になったり攻撃的になったり、うつ病を発症する原因になるといわれています。

このセロトニンの元に関係するのが「クロストリジウム」で、更年期症状にある不安感・うつ状態・イライラの緩和・改善にも影響があるので、幸せホルモンの分泌割合を知っておくのも大切です。

自分の腸内環境を調べることは、ストレスフリーな生活を送る指標ともなるでしょう。

 

4 . 腸内環境

更年期

 解析菌  腸内細菌の多様性
 分かること  すべての基本となる「腸内環境」のバランスは?

腸内にはいろいろな菌が住み着いており、そのバランスによって腸内環境が良くなったり悪くなったりしています。

以前は、「悪玉菌」「善玉菌」「日和見菌」という概念がありましたが、「悪玉菌の中にも良い働きをするものがある」など一概に善悪を区別できなくなっていて、最近では「いろいろな種類の菌がバランス良く生きている状況」いわゆる多様性が重視されています。

腸内細菌の多様性が低いと腸内細菌はその力を十分に発揮することができず、いろいろな種類の菌が存在し、かつそれぞれの菌が均等に存在している方が多様性が高いといえるのです。

 

「腸内博士」の検査では、腸内フローラの中にさまざまな機能を持つ菌がバランスよく存在しているかが分かるので、自分の体や心の健康維持に役立てることができます。

 

腸内フローラ検査キット「腸内博士」は便で調べる

更年期

尿を調べる場合は

尿で腸内環境を調べる場合は、検査自体は簡単ですが「腸内細菌そのもの」ではなく、尿中から検出される「腸内細菌が作った物質」しか測定できないため、腸内フローラの状態を正確に知ることができません。

 

便を調べる場合は

便で腸内環境を調べる場合は、「腸内細菌そのもの」を調べるので自分の腸内フローラの状態を正しく知ることができます。

「腸内博士」は、採便用シート(らくとりシート)を付属しているので誰でも簡単で清潔に採便でき、採便から1週間以内にチャック付きポリ袋に入れた保存容器を送るだけでOKです。

 

「腸内博士」の結果は約2~3週間前後

更年期

検体が解析センターに到着してから約2~3週間前後(状況によっては最長1ヶ月)に解析が完了し、Fineseedヘルスケアラボマイページで結果が確認できます。

結果は郵送ではなく、登録したメールアドレスに連絡がくる方式なのでプライバシーが守れて安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました